なぜ使っているの?アンティーク家具の魅力とは?

Q,最近、私のまわりでアンティーク家具を使っている人が増えてきました。だんだん私もアンティークが気になりだし、家具にこだわらず、食器などにも興味が湧いてきました。でもみんななぜ使っているのですか?使ってから感じる魅力などもぜひ教えてください。

A,今、現在に「アンティーク家具」が残っていること自体がすごい。100年近く経った現在に形を残していることが本当すごいことと感動したことが使い始めたきっかけです。では、大量生産で作られた安い家具が100年後にアンティーク家具になるかどうか?考えてみたら答えはNOですね。

立派な木材を使って、丁寧に作られた家具だけがアンティーク家具になるのです。自宅で使っている家具もそうですが、長い年月を旅して世界中に残っているのは、「本物だけなのだな〜」と思うとますます愛しく想い、大切に使いたいなと思います。

また現在、手にいれることが出来ない素材で作られていることも魅力的です。例えば、木材ではオーク材。木目の詰まり方や使い方は現在の家具とは全く違います。一番美しい木目部分が一番目立つところに使われ、本当贅沢な使われ方をしています。ガラスも現在のものとは成分や作る工程も違うので、同じものを作ることが出来ません。

長年使われてきたものなので、どうしてもどこかしらにキズや汚れがあります。でもそこが魅力的なのです。たとえ、同じ家具であったとしても、同じ場所に同じキズ、汚れがあるものはない!!まさに世界中に1つのもの。そこがたまらない魅力です。今使っている家具を、子どもへまたその子どもへと代々受け継いでいって欲しいな、心が贅沢になる時間を子孫にも体感して欲しいなと思っています。

A,まずは、ダイニングテーブルをアンティーク家具(店舗什器も!)にしたとたん、部屋の雰囲気がガラリと変わったことにビックリしました。そこから少しずつアンティーク家具を増やしています。

「年月の経った素材感」「歴史」「味わい」「風合い」どれも素晴らしいのが魅力です。特に外国製のアンティーク家具は、歴史の背景など好奇心を刺激されるものがたくさん詰まっていて、その時代、地域、持ち主、そして生活感など映し出されています。どんな人が使っていたのかな?と自分で想像してみるのも楽しいです。

良いものを長年使い続けることや、天然素材を使っているため環境への配慮にも役立っていることを感じるのも魅力の1つです。今ではすっかりアンティーク家具は生活の中の一部になっていて、大量生産されている物にはない、味わいや趣を毎日感じられます。時間をたっぷりかけて作られた時代のものは、人の暖かみも感じられます。

和室に映えるアンティーク家具の選び方

01/04/13

Q:自宅のリフォームをきっかけに純日本風の自宅に改装しました。これをきっっかけに主な家具は一通りアンティーク家具に買い替えたいと思っています。雑誌などを見ていますが、いまいちイメージが湧きません。さらに「和室には合わないからやめた方がいいよ」と友達からも言われるので自信がなくなってきました。合わせ方の例やおすすめなどありましたら、教えてください。

A:お友達のように「和室とアンティーク家具は合わないよ」と実際おっしゃっている方もいますが、これは大間違いです。和室にアンティーク家具はとってもよく合いますよ。アンティーク家具はデザインが洋風ですが、長年の風味、風合いが和室にぴったり合うのです。

和室と言えば畳。畳の色は基本、薄いグリーン色ですよね。実はこのグリーンは何色にでも合う色なのです。

畳の上には、焦げ茶色のチョコレート色の家具はよく合います。焦げ茶色といえばオーク材やアボガニー材などです。イメージは、おしゃれで古き良き時代「大正ロマン」のような雰囲気を想像していただくと分かりやすいと思います。ツイスト脚の机、椅子、ガラスの食器棚も合いますよ。

オーク材とは、ブナ科植物を材料とする木材のこと。堅固で木目が美しいのが特徴です。アボガニー材とは、黄金の木、赤い黄金などの異名をとる、希少で高級な木材です。センダン科マホガニー属に属する植物に冠される総称です。導管が大きく柔らかいため加工しやすいのが特徴です。

その他、艶やかな飴色のパイン材のアンティーク家具も合いますよ。以外と黒、その他派手なブルーの小物など明るい色も合います。ただ気をつけないといけないことは、あまり色々な色を合わせないこと。壁は薄い色にすることです。

また、畳の上に絨毯を敷きつめると違う雰囲気になります。ペルシャ語で目が粗くて毛足が長い絨毯を意味するギャベや、フォークロアなラグも合います。そこに低めのサイズのアンティークのコーヒーテーブルを置くのも素敵です。畳の上全体ではなく、畳のど真ん中に絨毯、カーベットを敷きアンティークソファーを置くのはいかがでしょう。

もちろん障子にもアンティーク家具はあいますよ。ただ襖には合わない場合もあるので、その場合、襖をアンティークの建具に変更するのがおすすめです。

最近は、古民家も人気、古民家カフェも人気ですね。床の間にも合う家具は、オレンジ色のステンドグラスが入っているガラスのキャビネットもぴったりです。ぜひ古民家カフェの家具なども参考にしてみてください。

すっきりした部屋が好みの方は、北欧スタイルのアンティーク家具を合わせるとシンプルですっきりします。すっきりしすぎてしまった場合は、オレンジ色などの派手色のクッションでアクセントをつけるのもいいですよ。

最後に光について。和紙を使ったランプシェードなどにすると優しい光を楽しめますね。

毎日を素敵に!暮らしの中にアンティーク家具を

01/03/13

次々と新しい雑貨や家具が生み出されている現在、アンティーク家具に人気が集まっています。でもアンティーク家具に興味はあるけれど・・実際購入するとなると他家具との調和が難しそう。どれを選んだら分からないと思っている人も多いのではないでしょうか。毎日の暮らしをアンティーク家具で素敵にしてみませんか。

最初にアンティーク家具めぐりをしてみましょう。わくわくするはずです!とにかくたくさん見てみましょう。時間はかかるかもしれませんが、きっとお気に入りの一点にめぐりあえるでしょう。まずは元々あるインテリアに一点のアンティークを取り入れることによって、部屋の中の雰囲気がガラリと変わります。選び方に難しいルールはありませんので、直感でいいなと思うものを試してみるといいですね。

生活の中に気に入ったアンティーク家具を1つ取り入れるだけで、空間だけでなく日常の生活までも輝いた生活に早替わりしますよ。

アンティーク家具の良さは何と言っても、古いものを個性として楽しめることです。そこには新品や大量生産のモノにはない魅力が詰まっています。便利な世の中だからこそ、「壊れた家具は修理して大事に使う」という日本のよき古い習慣を思い出していきたいですね。

職人の手作りで、大量生産ではなく、素材に合板ではなく本物の木が使われているので、使えば使う程、深みが増していきます。例えば椅子を使っているうちに、自分に馴染んでくる、そして使い込む度にお気に入りの品にとなっていき、味わいが増します。

インターネットで検索したり、雑誌を読んでみても、アンティーク家具の種類はとても多いです。どれにしようかなと迷ってしまいます。そこで選び方のポイントを4つお伝えしていきます。

まず大切なのは、第一印象です。直感で好きと思ったものを使うのがいいでしょう。二番目には、デザインです。重厚なデザインのものや繊細なデザインのものがあります。どちらがいいかどうかは第一印象と同じく好きな方を選ぶとよいでしょう。三番目は色合いです。チョコレート色のような焦げ茶色のものから白っぽい色のものまで豊富なカラーです。壁の色なども考えて購入するのがおすすめです。ちなみに畳はどんな色でも合いますよ。最後に木材の素材、オーク、アボガニー、ウオールナットの3つが定番です。触り心地なども違うので触り比べて決めてみてください。

忙しい毎日でも、時には時間をかけて好きな家具を選び、じっくり長く使える家具に囲まれて潤いある暮らし、アンティーク家具はきっとそのような生活に導いてくれるでしょう。ぜひ、あなたもアンティーク家具と一緒に暮らしてみませんか?

初めてのアンティーク家具・机の選び方

01/02/13

子どもの頃には勉強机がありましたが、大人になるとなかなか自分の机を持つことってないですよね。リビングの机の上で過ごしていませんか?

大人になってからのちょっと息抜きのために、自分のスペースをアンティーク机で作ってみるのはどうでしょう。アンティークの机の選び方を紹介していきます。

まず大切なことは、座り心地です。机の高さと椅子の高さ。ちょうど良く感じるのは、靴やスリッパをはかずに椅子に座って、足裏がきちんと着くのが理想的です。机の上で文章を書いたり、パソコン作業をする時は、足を机の下にしまい込めて、よい姿勢がとれるものがいいですね。選ぶ際にはぜひ座り心地を試してくださいね。

用途、目的、部屋の大きさに合わせて机の幅、奥行きなども選んでみましょう。

よく目にするのは、机の右側だけ引き出しがついている片袖机ではないでしょうか。使いやすく、長く使えるシンプルな机です。子どもの勉強机にもぴったりですよ。

もっと収納が多く欲しい方には、引き出しの付いた両袖机がおすすめです。使わない物は引き出しに収納して、使うものだけ机の上におけば、机の上はすっきりですね。

その他、ライティングビューローという名前の机もあります。「書き物が出来て」「収納も出来る」名前の通りの家具です。机になる板と書棚が一緒になっていて、机を使う場合は板を倒して使用します。お客さんが来る時には、板を閉じるとすっきりです。みんなが集まるリビングや、ダイニングに自分のスペースが欲しい方にはおすすめの机です。

イギリス製のものは、植物や木の実などの彫刻や美しいデザインの机が多いです。アメリカ製は、木のぬくもりや暖かみを感じます。北欧ヴィンテージ製は、スタイリッシュなデザインでシンプルなものが多いです。たくさんの種類の美しい机があるので、選ぶのも楽しくなりますね。

またアトリエのような風合いを楽しみたい方には、アンティークペイントの机がおすすめです。はげたペンキが長年使い込まれた、古ぼけた印象を与えます。木製家具やオレンジ色やきみどり色などのパステルカラーのインテリアともよく合います。

読みかけの本を置いたり、飲みかけのコーヒーカップを置いたり、ちょっとしたことに便利なのがセンターテーブル。おしゃれな雑貨としてお部屋に飾っている方もいらっしゃいますが、大型のアンティークトランクをセンターテーブルとして使うのもとってもおしゃれです。日本のアンティーク木箱もとても丈夫で使い勝手もいいですよ。その他にもおしゃれな木箱もたくさんあるので探してみるといいでしょう。

和室のお部屋には、シンプルな文机が合います。大正時代から昭和に使われた読み書きに使われていた机です。江戸時代から庶民の子ども達、寺子屋でも読み書きのために活躍していたようです。正座をしてぴったりの文机は現在ではパソコンを使う時にも馴染みそうですね。

さまざまな種類のアンティーク机がありますが、選ぶ基準は使いやすいこと。座りやすいこと。息抜きができるスペースとして落ち着いた気分になるかどうかです。まずは色々お店で試してみるといいでしょう。

アンティーク家具を長く使う方法を教えます

01/01/13

最近は、テレビや雑誌でも「アンティーク家具」についての特集など目にすることも多くなり身近な存在になりつつあります。「アンティークの家具を買ってみようかな?」と一度は考えたことがある人も多いのではないでしょうか?

いざ買おうかなと思った時、1つの疑問が思い浮かびます。「アンティークだから、元々古いもの。すぐダメになってしまうのではないか?」と買うのを先送りにしてしまう人もいますよね。その様な疑問を持った方に、長く使う方法を教えます!

今回は長く使うためのポイント5点「お手入れ方法」「使い方」「設置場所」「キズの直し方」「メンテナンス方法」についてお伝えしていきます。

まずは、お手入れ方法について

お手入れの基本は乾拭きをすることです。柔らかい布で丁寧に拭いてください。拭いていくうちに光沢が出てきます。彫刻部分の溝などがある場合は、ブラシを使って埃を掃き出しておきましょう。この時に洗剤やアルコール類は木を痛めますので使用しないでください。

1〜2か月に一度ワックスかけを行いましょう。普段の乾拭きでは取れない表面の汚れを落としましょう。またワックスには、素材の木を保湿する役割もあります。

ワックスがけの注意点は、例えば椅子にワックスをかける場合、衣服に直接椅子が触れることもあるので、特に注意して拭き取りを行ってください。衣服にワックスがつくとシミになってしまうこともあります。

極度の乾燥や湿気は大敵です。日本は四季のある国なので、季節ごとに注意すべき点は変わります。季節に合わせて除湿器や加湿器の使用もおすすめします。木部が割れたり、反ってしまったりする原因にも繋がります。家具としての寿命が短くなってしまいますので、日頃からの丁寧なお手入れが大切です。
次に使い方について

次に使い方について

椅子を例に出して説明します。肘掛け付きの椅子の場合、肘掛けに強く力を加えてしまうと左右に広がって壊れてしまうこともあります。また後ろ脚2本に体重をかけ、前脚を2本浮かせたり、力を1カ所にかけることは危険です。

3つ目は設置場所について

直射日光の当たる場所への設置は避けてください。そして水平な場所に設置してください。木に歪みが生じてしまうと、扉や引き出しが開かなくなることもあります。

4つ目はキズの直し方について

日頃から丁寧にお手入れをしていても、いつの間にかキズがついていることもあります。そのような「がっくりきた」気持ちも明るくする方法です。もちろん買った時からあったキズにも対応できます。

まずは、水で濡らしてよく絞った布でキズの周りの埃、油分などを取り除きます。その次はアンティーク用のペンタイプの塗料で塗っていきます。まずは木の色より薄いペンから塗っていき、だんだん家具の色に近づけていきます。

最後にメンテナンス方法について

使い続けていると、引き出しや扉が開きにくくなってしまうこともあります。これは常に木と木が擦れることにより、木が削れてしまったことも原因です。引き出しの場合もまずは布で埃やゴミを取り除き、木と木の接する部分にロウを塗ることでスムーズに開くようになります。扉の場合はまずは蝶番のねじのゆるみを確認します。緩みがある時はしっかり閉め、蝶番の継ぎ目にオイルを差すとスムーズに扉が開くようになります。

このように5つのポイントに注意することで、アンティーク家具をもっと楽しめるようになりますよ。迷っていた方は、一度挑戦してみてはどうでしょう。